ウィスキーは基本的には大丈夫

date 2013/11/28

ウィスキーの賞味期限について考えた事ありますか。
ウィスキーの賞味期限は、未開栓の状態か、開栓の状態かで、かなり差があります。


まず、未開栓の場合は冷暗所に保存すれば、10年間は賞味期限を保てます。
時間をおいたからと言って、ワインのように熟成する訳ではないのですが、その分、飲み頃を考えなくていいとも言えますね。
開栓した状態なら、栓を開閉する頻度にもよりますが、長くて1年ほどで賞味期限を迎えてしまいます。


これは、ウィスキーが空気に触れる事で、アルコール分が飛んでしまったり、風味が落ちたりする為で、「ウィスキーの味に、前よりパンチが無くなった」と感じられる場合には賞味期限を過ぎてしまっているサインです。

消費者金融、即日で借りる